‘2014/06’ カテゴリーのアーカイブ

返済できなくなってしまったとき

2014/06/05

カードローンの利用中にどうしても返済できなくなってしまった場合は、カードローン業者に連絡して相談するか、弁護士などに依頼して債務整理をするという方法もあります。
ただし債務整理をすると、信用情報期間にもそのことが記録され長いあいだ保管されます。
カードローンは業者からお金を借りる=借金をするということなのでルールがあります。
ルールを守らない場合はそれなりのペナルティも発生します。
カードローンの場合は返済期日が決まっているので、それを過ぎても返済しないと遅延金が加算されていきます。
弁護士などの第三者が間に入り債務整理などの相談をする場合は、遅延金のカウントを一時停止してもらえることもありますが、基本的に借金は自己破産しない限りちゃらにはなりません。
しかしどうしても返せないときは、そのままにしておくこともできないので何らかの行動は取る必要があります。
対処が早いほど遅延金も少なく済みますので、早めに対処しましょう。